Amazon

キャンプにハマった主が実際にAmazonで購入したおすすめギア3選!

どうも!こんにちはたけまるです!

先日、キャンプにハマっているとお伝えしたのですが、前回から、さらにAmazonでお買い物をしてしまいました…(笑)

欲しいモノがたくさんあったので、購入してさっそく実際に使って、使用したレビューもお伝えしますね!

前回のAmazon購入品紹介はこちらから↓

Amazonでも買えるおすすめのキャンプギア5選!こんにちは。たけまるです。 最近『ゆるキャン▲』を見てしまい、キャンプ沼にハマりそうな今日この頃です。 キャンプ用品ってピン...

今回は、Amazonで購入できるおすすめキャンプギア第二弾!をご紹介していきます。

ZEN Camps Ash Carry

おすすめキャンプギア1つ目はZEN Camps Ash Carryです。

ZEN Campsは、日本で生まれたソロキャンパーの為のキャンプギアブランドです!

YouTubeも行っており、自社のギアを使っている動画をあげてくれているので、どんな使い心地なのかを見ることができます。

そんなZEN CampsからAsh Carryという商品が今回ご紹介するギアです。

キャンプといえば、BBQですよね!?

そのBBQの炭後片付けは、とても大変です。

炭の温度は、100℃を超えるとも言われており、熱が下がるまで何時間もかかります。

また、キャンプ場によっては、炭や燃えカスを捨てることのできないキャンプ場も存在します。

その炭の燃えカスの温度を下げるのに便利なのが、火消壺と呼ばれるものです。

でも、その火消壺もまぁまぁの大きさと重さがあり、ソロキャンプで持っていくのは大変なんです…

そんな時、火消壺の代わりになってくれるのが、Ash Carryです!

耐熱性生地で作られているので、高い温度でも耐えることができるので、安心して利用することができます。

温度も下げることができ、そのままザックに入れることができるので、一石二鳥ですよ!

また、耐熱性生地で布なので、持っていくときや必要のない時でも小さくしまっておくことができます。

主は、小さな菓子缶を火消壺代わりに使っていましたが、これを見つけてから使っています。

今では、毎回持っていくレギュラーギア化しています!

snow peak チタンシングルマグ

おすすめキャンプギア2つ目はsnow peak チタンシングルマグです。

snow peakは、日本で生まれたアウトドアメーカーで、主にオートキャンプのギアブランドです。

シンプルでおしゃれなものが多いので、女性からも人気のブランドです。

そんなsnow peakからチタンシングルマグのご紹介です。

キャンプで必要なのがマグです!

温かいものや冷たいものをいつでも飲みたいですよね!

その際にオススメなのがチタンシングルマグです。

「マグって、どれでも一緒でしょ!?」と思っていませんか?

今回ご紹介するチタンマグは、冬に大活躍するギアなのですが、直火OKなんです!

冬に温かい飲み物を入れても数分で、ぬるくなってしまうんです…

でも、寒い時には、熱いくらいの飲み物を求めてしまいますよね!

このチタンマグは、直火で温めなおすことができるので、いつでも熱い飲み物を飲むことができます。

また、サイズが何種類もあるので、簡単にスタッキングすることもできます。

キャンプで、マグってボッチになりやすく、スッキリしないことが多いのですが、このマグはそんなストレスもなく、パッキングできますよ!

チタンは、熱が入ると、きれいな青色に変色します。

ギアに愛着を持って、使うことができそうです!

主は、キャンプも行けない時に普段使いしています(笑)

Soomloom キャンプマット

おすすめキャンプギア3つ目はSoomloom キャンプマットです。

Soomloomは、中国で生まれたアウトドアメーカーで、日本に代理店があり、多くの通販サイトでも取り扱いがあります。

有名メーカーと同じ見た目で、スペックも同等のもので、安いので、アウトドア初心者にはおすすめのギアブランドです。

そんなSoomloomからキャンプマットのご紹介です。

キャンプは、朝早くから出発し、基本的に外でテントの設営をしたり、料理をしたり…楽しいことも多いですが、自分が思ったよりも疲れが溜っています。

そんな時に大切なのが、睡眠環境です。

もちろん家のようにベットマットレスなんて持っていけませんし、贅沢な睡眠はできませんが、今回ご紹介するマットを持っていくことで、良い睡眠ができます!

というのも、夏は正直熱いので、場所によりますが、シュラフ一枚やなんならそのまま寝ることもできます。

でも、冬は地面からの冷気があるので、シュラフに籠っても寒くて寝付くことができません!

主は一度軽装備で行って、オールしたことがあります(笑)

このマットがあることで、自分で発した熱を反射し、温かく睡眠をとることができます。

主は、マットにシュラフ、シュラフカバーを使って、夜を過ごしていますが、今のこれくらいの気温なら、温かく寝られると思いますよ!

キャンプには、マットの他にもエアーマットやインフレーターマット等の種類がありますが、穴が開くと使い物になりません。

特に河原のキャンプ場だととがっている石等で穴が開いて、後悔することになるので、キャンプ場に合わせて持って行くギアを変えるのがいいですよ!

もちろん、夜だけではなく、長座布団やシートとしても利用できるので、ソロキャンパーに多いお座敷キャンプもできます。

少し大きいので、持って行くときにザックに入らないのが、主としてはうーんと思っています(笑)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、Amazonで購入できるおすすめのキャンプギアをご紹介してきました。

これから春になり、キャンプもしやすい気候になってきましたね!

今年からキャンプデビューしてみてはいかがでしょうか?

ギアへのこだわりがなければ気軽にできる趣味ですし、ソロキャンプならば、ソーシャルディスタンスも守られるので、おすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です