漫画

マンガ『自分を好きになりたい。』について語る

どうも!たけまるです。

久々のマンガ紹介です!

家でテレワークをしているとついついスマホに手が伸びてしまい、マンガを読んでしまいます(笑)

今回は、そんな時に読んだ自分の為になるマンガをご紹介します。

自分を好きになりたい?

自分のことを好きですか?と質問されて、自信をもって「はい」と答えられる人は少ないのではないでしょうか。

自分の欠点ばかりが目につく、自分なんてダメだ、こんなふうに思っている方は少なくありません。

自己肯定感が低く、自分を好きになれないのです。

わたなべぽんさんの『自分を好きになりたい。自己肯定感を上げるためにやってみたこと 』は、自分のことを好きになれない、欠点ばかりに目がいってしまう、もっと自信を持ちたいという方におすすめのマンガです。

わたなべぽんさんの生い立ち

わたなべぽんさんは、小さいころ太っていたそうです。

お母さんは食事をどんどんと出すタイプです。

それをぽんさんは、どんどんと食べていきます。

食べ過ぎは肥満の原因です。

思春期になると体型を気にするようになり、ダイエットをする人は少なくありません。

ぽんさんもダイエットを考えますが、お母さんが協力的ではありません。

食事はいつものようにたくさん出てきます。

ダイエットが難しい環境でした。

お母さんは厳しい人で、髪型はこうでなければならない服装はこうでなければならないと、ぽんさんに強要をします。

かわいいスカートを履きたくても、変な色気が出るからと履かせてもらえません。

虫歯になって歯が痛く眠れないようなこともありました。

しかし、お母さんにそれを言うことができず、鎮痛剤を飲んでなんとか我慢をします。

このような子供時代を過ごしていました。

これでは、「親に認められている」と実感することは難しいでしょう。

身近な存在、そして大切な存在でもある「親」特に母親に認めてもらえないと、自己肯定感が低くなってしまいがちです。

ぽんさんも大人になるまで自己肯定感が低かったようです。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です