アプリ

漫画アプリ pixiv(ピクシブ)を使ってみた

こんにちは!たけまるです。

何度も紹介してきた漫画アプリですが、今回は「pixiv」を紹介していきます!

無料漫画アプリpixiv(ピクシブ)とは

もっといろんな漫画を無料で読みたい!という方におすすめしたいのが、pixiv(ピクシブ)です。

ネットで無料漫画が読めるサイトは数多くありますが、pixiv(ピクシブ)は一味違うサイトだと思います。

漫画アプリは、配信された漫画を読むものになりますが、pixivはユーザー登録をすれば誰でも作品が投稿できます。

インスタが写真や動画のSNSなら、pixivはイラストや漫画、小説を使ったSNSです。

クリエイターだったら、作ったものを発表して、多くの人に見てもらい評価をもらえるチャンスがあります。

ユーザー登録や投稿は無料ですが、月550円で有料プレミアムサービスもあります。

有料版だと、広告非表示、閲覧履歴、フォルダ分け、ミュート機能などが追加になりますが、無料でも全然楽しめます。

今回は漫画アプリということで紹介しますが、漫画だけでなく多くのジャンルがありますので、そちらも少しご紹介します。

コミック、イラスト、ノベルなど多彩なジャンル

pixivは、サイト・アプリ内に多くのジャンルがあります。

簡単にまとめるのが困難なぐらい、ジャンルが多いのですが、大雑把にまとめてみるとこんな感じです。

pixivコミック:漫画投稿・閲覧、コミック化されている作品の紹介もあり。

pixivイラスト:イラストの投稿・閲覧。 pixivノベル:ラノベ等の投稿・閲覧、ノベル大賞なども設けられている。

ピクシブ文芸:幻冬舎と共同運営の本気で作家を目指す人の作品を投稿・閲覧・文芸賞などもあり。

pixiv FACTORY:冊子、バッジ、キーホルダー、スマホケース等オリジナルグッズ作成をお手伝いしてくれる。

BOOKS:同人誌印刷をオーダーできる。

BOOTH:自分で作った漫画、ゲーム、イラスト、壁紙、映像、写真、ソフトウェア、素材、絵画、音楽、雑貨グッズ、小説書籍をネット販売。

pixiv FANBOX:90000人のクリエーターの中からお気に入りの人を探して、金銭支援ができるサイト。

pixivision:イラストや漫画の特集。

pixiv Sketch:ライブ配信ができる。 sensei:イラストの描き方講座。

VRoid Studio:自分のイラストを3D化して、作品を作れる。

VRoid Hub:作成した3D動画をアップする場所。

この他にも、クリエーターを応援、支援するページがいくつもあります。

自由すぎる表現に圧巻

pixivの漫画作品を読むと、とても自由であることにまず圧巻されます。

一応、年齢制限や、禁止事項もあるのですが、過度な表現でなければ基本OK。

個人情報、迷惑行為、ステマ、虚偽、中傷、著作権侵害などはもちろんNGですが、表現においてはかなり緩めだと思います。

そのため、一般の漫画アプリでは見れないような毛色の作品も出てきます。

ジャンル分けも細かく個性的なのは、やはり掲載作品が膨大だからではないかと思います。

ジャンルは大まかに分けて男子向け、女子向け、人気急上昇、イチオシ、イッキ読み、SNS発、料理、異世界、百合、BL,イケメン、美少女、感動、動物もふもふ等。

いえ、これだけではなく、この他にもまだまだジャンルが細かくあるんです。

特集なども「推しがいると人生が楽しい特集」「悪役令嬢特集」「イケおじはお好き?特集」「秘密を抱えた人特集」などなど。

もうジャンル選びだけで、目移りして大変です。

投稿作品だけでなく、既にコミック化されている人気作品も読むことができるので、試し読みとしても使えます。

連載が終わったら、掲載終了してコミック販売に移行したり、コミックの宣伝のために期間限定で数話公開などもあります。

二次作品で漫画地獄にハマる

オリジナル作品も、個性的で刺激されるものも多いのですが、もう一つの楽しみ方を教えます。

一般人が投稿した、いわゆる同人系のもので、既存作品のキャラを使った二次創作漫画を掲載しているものが多くあるんです。

アニメや漫画が終わっても、まだその熱が冷めなくて、どうしようもない時ってないですか?

そういう時には、本編から派生させた作品が慰めになります。

アニメ人気作品などは、もうたくさんの二次作品が出てきますので、選び放題!

好きなキャラの本編では描かれていなかった、過去、未来、交友関係、恋愛事情満載で、どっぷり余韻に浸れます。

あまりに上手すぎて、本編を凌ぐぐらい好みの絵になっていることも多いです。

そういう作家さんに出会ったら、即フォロー。

フォローすると「フォロー中」のリンクができますので、そこに飛んで、最新作を探すことができます。

同人ワールドにハマりすぎて、いつの間にか夜になってた…という、人間をダメにするpixivです(笑)

まとめ

イラストを描くのが得意な友人がpixivに掲載していると聞いて、初pixivしたのはもう10年近く前。

時代とともに色々なサービスを拡大させつつ、ユーザー獲得に成功している優良サイトだと思います。

プロの方でもユーザーさんがいるので、ここでしか見れない作品のアップもあるかもしれませんよ。

楽しみ方は人それぞれですが、ドハマりには要注意なサイトです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です