アニメ

アニメ「風が強く吹いている」について語ってみた

こんにちは!たけまるです!

久々に青春マンガを見まして、こんな青春を送りたかったなーと思いなおしている今日この頃です!

今回は、そんな気持ちにしてくれたアニメ版「風が強く吹いている」について語っていこうと思います。

簡単なあらすじ

「風が強く吹いている」は、箱根駅伝出場を目指す大学生が主人公の青春アニメ。

原作は小説ですが、舞台化、漫画化、実写化、アニメ化もされた人気作品です。

寛政大学4年生の清瀬灰二(ハイジ)は、箱根駅伝を目指し、密かに準備を始めています。

ある日、夜道で走っている蔵原走(カケル)の姿を見て才能を感じ、自転車で追いかける。

灰二は行くあてのない走を、自分が切り盛りする学生寮「青竹荘」に住むように勧める。

走の歓迎会に集まった寮生たちの前で灰二は満を持して「ここにいる10人で箱根駅伝を目指す」と、発言!

実は青竹荘は、大学陸上競技部の錬成所であることを、10人の寮生たちは初めて知ります。

マラソン経験者は、灰二と走の2人だけて、あとのメンバーはほとんど素人。

最初は反対をしていた寮生たちも、灰二にのせられてイヤイヤ練習をはじめます。

予選会出場の資格をなんとか全員がクリアし、寮生たちは少しずつ走りに目覚めていきます。

マラソンは、長距離をたった一人で走り、孤独の中で自分と向き合うことが求められる競技。

寮生たちがマラソンを通じて、本当の自分を探していく過程が描かれています。

箱根にいけるかどうかの予選会は、手に汗握る展開です。

青春スポコンにとどまらず、人の心の奥底をのぞき込むような、深みのある作品です。

留年性からオタクまで個性的すぎる寮生たち

マラソンからおよそ縁のないメンバーが暮らす青竹荘。

灰二の思惑など知らず、食事付きなのにありえないぐらい安い下宿代の餌に捕まった10人です。(笑)

トレーナーであり、選手でもある灰二は、何を考えているのか、さっぱりわからない4年生。

走は、天才的ライナーの素質を持ちらながら、カッとしやすい性格で心を閉す1年生。

2年浪人&2年留年生である、ヘビースモーカーのニコちゃん先輩は3年生(ニコチンからきている)

キングはクイズが得意の、明るいお調子モノの4年生、絶賛就活中。

クールなユキは在学中に司法試験に合格するなど、頭が切れるタイプだが、家庭に問題を抱えている4年生。

新堂は、田舎出身で穏やかで人にやさしい性格。

努力家でアダ名の通りの良い子の3年生。

ジョータとジョージは双子の1年生で楽しいことにひきずられがち。

2人ともマネージャーのハナちゃんが好き。

ムサは日本語ペラペラなアフリカ人の国費留学生。

その容姿からすごいランナーと警戒されがち。2年生。

王子は部屋にどっさりと漫画を置いたオタク少年。

走るのもやっとのひょろ男が成長する姿は見もの。1年生。

それぞれのキャラクターの日常や心の中までが、走る中で丁寧に描かれています。

1人1人がハードルを、自分の力で乗り超えていく姿は感動。

マラソンは本当に心が強くないとできないスポーツだと、つくづく思います。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です